2024年 ミセスコンテスト情報一覧

昨今、多くの大人の女性が興味を持ち参加しているミセスコンテストですが、経費がかかりそう、時間はどのくらいとられるのだろうか、という不安の声も聞こえてきます。そこで、パーリィテラス会員の皆さんが参加した大会を中心に、コンテストのリアルな現場の声をお届けすることにいたしました。自分に合った大会を見つけて、コンテスト後も価値観の似た仲間と充実した時間をシェアしてみませんか。

MRS.JAPAN PAGEANT®(ミセスジャパンページェント)

2016年設立と多くのミセスコンテストの源となっている老舗の大会。八芳園というビッグなスポンサーを持つゴージャス感のあふれるコンテスト。

【対象年齢】25歳以上
【大会趣旨】MRS.JAPANは、内外面の美しさを持ったミセスを選出し、日本を代表する女性として表彰を行う大会です。美しさ、個性、感性、人間性などと共に、女性がミセスとしての人生経験の中で培ったスキルや魅力、女性としての人生のストーリーそのものをステージ上で表現することで、ティアラやサシュと共に各々の個性に合わせた各種表彰と、女性が社会で活躍するための手助けとなるプラットフォームの提供を行います。
【どんな女性に向いているか】成長意欲が高い女性
【2024年度エントリースケジュール】2024年度は春に募集開始予定。翌年開催される2025年度日本大会の出場者を選出(日本大会は奇数年のみ開催)
【世界大会有】世界大会出場のために必要な経費:¥260,000-~300,000-を予定(今年9月に初開催。提携先JTBと海外からのツアー企画進行中)
【審査方法】イブニングドレス・水着・スピーチ・着物(留袖)
【エントリーフィー】¥165,000-(2023年大会開催時)
【レッスン料】公式Pageant Walking®レッスン 2~3時間 9,000円-(オプション)。ZOOMによるオーガナイザーによるレッスンは懇親を兼ね基本無料
【コンテスト終了後の活動】基本的に月一回程の頻度にて日本各地での懇親会、OGも参加可能なトレーニングレッスンを開催(自由参加)
 
【HP】https://mrsjapan.jp/

MRS.JAPANオーガナイザー 吉成恵里香です。ミスコンの地方大会運営等に関わる中で、日本に於いてミセスだからこそ行える事を求め、その頃はまだまだ社会では知られていなかった海外のミセスコンテストに日本代表として出場をしたのが2013年。早いもので10年以上の月日が流れました。日本だからこそ行える全く新しい大会の立ち上げを決意し、今年、MRS.JAPANの世界大会でありアワードイベント、Eternal World(エターナルワールド)を八芳園 大ホールJouleにて主催いたします。

私は大会のオーガナイザー、権利保有者でもありますが、大会全体であり日本大会の企画制作作業を全て自身が行い、協力会社からのサポートを得ながら統括を行っています。大会のステージの主役は出場をされる皆さんお一人お一人。さらに世界大会Eternal Worldでは今までお世話になってきた皆さん、大会にご縁がある方は勿論ですが、今の日本に於いて大切な皆さんの表彰を考えています。当大会は女性の活躍支援、それによる日本に於ける価値創造、経済活性を目的としております。それこそが私自身が日本に於いて行える事であり、何よりも歓びであるからこそ。(吉成恵里香さん)

Asia Supreme Pageant 

東洋の女性ならではの美しさや美徳を審査するコンテスト。和文化を世界の舞台で紹介できる稀有な大会。

【対象年齢】既婚、未婚、子供の有無にかかわらず、20~79歳の、日本国籍をもつ女性。
ミスミセス (20~45歳)、クラシック(46~79歳)の二部門。
【大会趣旨】女性の外面的な美しさだけではなく、社会に向き合う強い心、
東洋の女性が持つしなやかさ、知恵、優しさ、賢さなどの非凡な魅力を身につける場 
 
【どんな女性に向いているか】唯一無二の個性を持つ女性
【2024年度エントリースケジュール】地方大会  3月末日
東京大会 5/17(金)  アニヴェルセル表参道
千葉大会 5/19(日) ホテル フランクス(幕張)
広島大会 5/24(金) 広島モノリス
京都大会 5/26(日)  京都東急ホテル
福島大会  5/31(金)  パレスいわや
茨城大会 6/1(土) プラザホテル水戸
福岡大会 6/7(金) 福岡天神モノリス
大阪大会 6/14(金)  ホテルモントレラスール
 
日本大会
2024年8月23日(予定) 会場: ヒルトン大阪
 
【世界大会】有 10月下旬 場所:マレーシア KL
【審査方法】イブニングドレス・スピーチ・タレントショー・
ナショナルコスチューム・インタビュー
【エントリーフィー】最新2024年度版                             
エントリー・web面接:無料                       
web面接合格後にお支払いいただくもの
地方大会エントリーフィー:27,500円
公式シューズ:19,800円(予定)
公式Tシャツ:3,300円                                                 
世界大会(Asia Grand Final)
日程:202410月予定
(ビューティーキャンプ・プレジャッジ・リハーサル・タレントショー・グランドファイナル)
会場:マレーシア クアラルンプールの5つ星ホテル
エントリーフィー   :1500USD
研究生エントリーフィー:1800USD
※ Beauty camp中の宿泊費、食費、修了ディプロマ代は含まれています。
※ 別途ヘアメイク代、撮影代など。
【レッスン料】
地方大会・公式トレーニング費用
・ウォーキング3時間:8800円×2回
・スピーチ3時間:8800円×2回
・オーガナイザートレーニング3時間:16500円×1回
*ほかに、パンフレット用写真代やヘアメイクなど。(地方大会により値段は異なります)   
日本大会
(ビューティーキャンプ・プレジャッジ・リハーサル・タレントショー・グランドファイナル)
日程:2024年8月21~24日(3泊4日予定)
会場: ヒルトン大阪
エントリーフィー   :225,500円
研究生エントリーフィー:280,500円                               日本大会トレーニング費用
オーガナイザートレーニング 150分16,500円(1回以上受講)   
プロデューサートレーニング150分11,000円(1回以上受講)             
*ほかに、パンフレット用写真代やヘアメイクなど。
【コンテスト終了後の活動】
地区大会、日本大会に関連するデイレクター業務、事務局業務、レッスン講師など
【HP】https://aspjp.com/

日本代表として世界大会に出場することで、自己の成長とシニア女性としての自信、また”生涯現役”を貫くという人生の目標を明確にすることができた。

2022年度 ASP Japan日本大会 クラシック部門グランプリ 2022年度 ASP世界大会 シニア部門グランプリ/クラシック部門3位

(ローズ麻生育子さん)

MRS UNIVERSE JAPAN (ミセスユニバース・ジャパン)

華やかさ全開の大会。ウォーキングなどの“見せ方”を身に着けて自分磨きができるコンテスト。

【対象年齢】マグノリア部門:20~39歳 ローズ部門:40~59歳 カサブランカ部門:60歳以上 (2023年度)
【大会趣旨】すべての女性が挑戦できる女性の社会的地位向上を目指した活動
【どんな人が向いているか】ユニバースに限らず、ミセスコンテストに出るのにむいているのは、
自分に自信を着けたい、変わりたい、挑戦したい、博を着けたい、肩書き欲しいと思うなら、むいているかと思います。
【エントリースケジュール】2024年度は終了 2023年9月エントリー開始 2024年8月世界大会
【世界大会】有
【審査方法】ウォーキング・スピーチ・イブニングドレス(2020年度)
【エントリーフィー】日本大会:20万円(2020年度) 世界大会:数十万円(2020年度)
【レッスン料】1回1、2万円(オプション)(2020年度)
【コンテスト終了後の活動】肩書を使うには年会費が必要
【HP】https://www.mrsuniverse.jp/


実際出場して、ミセスコンテストにはお金がかかると実感するところもありましたが、マイペースに自分磨きと思えば経験してみるのもありです。その後、別のミセスコンテストの地方大会を統括をした時は、私の想いでもある、“どの土地にいても母子家庭でも負担なく挑戦できること”をモットーに、そして講師にも還元できるよう、皆がハッピーになれる運用を心掛けました。

2020年ミセスユニバース、ベストイブニングガウン賞

(大山なお実さん)

ミセスなでしこ日本

失われていく日本の女性像「やまとなでしこ」をイメージし、和の文化を発信する日本ならではのコンテスト。

【対象年齢】婚姻歴の有る女性
【大会趣旨】日本が誇る和をテーマに、創り出すエンターテイメント。
失われていく日本の理想女性像「やまとなでしこ」を、
日本が誇る『和』を通して発信していくコンテスト。
【どんな女性に向いているか】着物が好き、和文化が好き
【2024年度エントリースケジュール】未定 地方大会5月・本大会11月(2023年度)
【世界大会】
【審査方法】・1次審査 (書類)
・2次審査(対面オーディション)
・関東大会又は地方大会(3次審査)
・なでしこ全国大会 
開催当日は着物ランウェイ、スピーチ(ファイナリストの審査項目は 大会の際のスピーチ、ウォーキング、それ以外に動画アプリ審査、SNS審査)
【エントリーフィー】ミセスなでしこ登録料(ファイナリストになったら)¥55,000 
(オリジナル名刺、オリジナルTシャツ、サッシュ、着物購入優待券付き)
【レッスン料】ビューティーキャン無料(参加必須)
グループレッスン、個人レッスン有料(こちらのスピーチ、ウォーキングは希望者のみ)
【コンテスト終了後の活動】コンテストに帰属するための年会費無。
1年間の契約期間、地域のボランティア活動に可能な範囲で参加いただきます
【HP】https://nadeshiko-nippon.com/tokyo/

グランプリを頂いたことで、より着物が好きになり、着る機会も増えたので、着物の素晴らしさを広げる為に勉強をし、着付け師の資格も取りました。
呉服屋さんの着物アンバサダーになったり、定期的に着物を着て出かけるイベントなども行っています。
和文化を次の世代に、また日本の和の美を引き継ぐ為にも着物を纏いたいと思っています。

2020年ミセスクラシックグランプリ受賞

(石神なほみさん)